お知らせ

大型クレーン(550t吊)搭載 起重機船の新造

2022年6月10日

大型クレーン(550t吊)搭載 起重機船の新造

当社が、2018年から建造に着手しておりました、起重機船「第七大福号」(550t吊)及び押船「第六福八丸」(19t)が、この度無事に竣工しましたのでお知らせいたします。
2022年6月8日(入港日は6月7日)には、秋田港に入港し完成披露の見学会として関係者様をはじめ、たくさんの一般の皆様にも船内をご案内させていただくことができました。
海洋土木工事全般で活用していく予定で、550tの重量物を吊り上げる能力のあるクレーンを搭載しております。ドレッジャーバケット、オレンジバケット、ブロック撤去バケット、硬土バケット等、充実したグラブバケットを保有し、砕岩棒のアタッチメントも完備されているため、浚渫、積荷、軟土から岩盤掘削まで幅広い海洋工事ニーズに対応が可能です。また、撤去バケットは玉掛作業が不要となるので、従来船より人員の作業が軽減され、安全性が向上します。
また、当社が推進していますICT活用にも対応した施工管理システムを保有しています。超音波促進システムとの連動で船位や海底の情報を正確に取得でき、可視化された3次元データの活用により複合的な作業を高精度かつ高効率で施工管理ができます。
環境負荷軽減としてIMOのNOx二次規制に対応したエンジンを採用し、加えて、船内には蓄電池システムが搭載されています。発電機を動力にして作業し、余剰電力を蓄電池に蓄えて停泊時に船内の電気をまかなうことで燃料消費を抑えることができるため、CO2排出量の削減につながります。
当社は、今後、推進される洋上風力の拠点として指定されている能代港等の基礎工事や海底調査、メンテナンスの業務にも活用していき、これからも地域の信頼できる持続可能なエネルギー供給とレジリエントなインフラ整備、ひいては環境社会貢献に向けて社員一同、ますます推進していきたいと考えております。

第七大福号パンフレットPDF

本件に関するお問い合わせ先
大森建設株式会社 企画戦略室 熊谷
電話:0185-55-1525
E-mail: ckk-kumagai@om346.co.jp


完全週休二日制(土・日)の導入

取引先各位

2022年3月30日
大森建設株式会社

完全週休二日制(土・日)の導入につきまして

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社では「建設業における働き方改革の推進」の一環として、職場環境の改善に向けた意義向上および将来の担い手の確保に資するため、2022年4月1日より「完全週休二日制(土・日)」を導入することとなりました。

これまで、弊社はICT活用を積極的に導入し、建設ICT等の内製化により省人化・省力化・工期短縮の実現を進めてまいりました。これからも、生産性の向上を考え続け、「社員の幸福」は会社にとっての大切な源であるとして、社員にとって働きやすく、そして働きがいのある職場づくりを進めてまいります。

お取引先の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具

実施開始日:2022年4月1日

以上


第3期「秋田県SDGsパートナー登録制度」への登録

2022年3月23日
大森建設株式会社

 

第3期「秋田県SDGsパートナー登録制度」への登録

秋田県が2021年9月に創設した「秋田県SDGsパートナー登録制度」(注)において、第3期の「秋田県SDGsパートナー」に登録されましたので、お知らせいたします。
当社は、これまで「郷土を愛し、地域に尽くす」をスローガンとして持続可能な開発と地域活力向上のニーズに合わせて事業展開をして参りましたが、SDGs達成に向けた方針及び取組みを宣言し「次世代へ繋ぐ」取組みを更に発展させ、課題を克服しながら実現を目指し推進して参ります。

登録日 2022年3月18日

SDGs達成に向けた重点的な取組関連する主なSDGsゴール
1.信頼できる持続可能なエネルギー供給とレジリエントなインフラ整備
2.生涯的な働きがいのある雇用と質の高い教育の機会を促進
3.環境社会貢献に向けた組織の体制強化

(注)SDGsに積極的に取り組む企業や団体等を後押しし、県内におけるSDGsの取組みの裾野を広げるために、これらに取り組む事業者等を秋田県が登録・紹介する制度です。

秋田県SDGsパートナー登録証

本件に関するお問い合わせ先
大森建設株式会社 技術営業部 企画戦略室 熊谷
電話:0185-55-1525 FAX:0185-55-1470
E-mail: ckk-kumagai@om346.co.jp


1 2 8

全23件中 1〜3件目