株式会社伊藤羽州建設

itousyu-kensetsu
株式会社 伊藤羽州建設
株式会社 伊藤羽州建設

メッセージ

地域のニーズに柔軟に対応した実績が連帯力を培う

地域のニーズに柔軟に
対応した実績が連帯力を培う。

昭和3年の創業以来地域に愛され、地域と共に歩んできた伊藤羽州建設。時代の流れとともに変化しながら、地域に密着し、地元の皆さまに愛されてきました。高い技術力と迅速な対応には定評があり、これまで公共民間問わず数多くの実績を積み上げてきました。「伊藤羽州でなければ」と言われるようなオンリーワン企業を目指して丁寧に誠実に、歩み続けます。

インタビュー

石山清武

代表取締役社長 石山清武

長年築いた技術力で
地域に貢献する。

入社して51年。半世紀をこの会社で過ごしたことになります。伊藤羽州建設は、一貫して地元を大切にしてきた企業。地元の人の声援には大変心強いものを感じます。お互いの信頼関係ができている中で仕事をさせていただけるのは本当にありがたいですね。地域あっての会社ですから、これからも感謝の気持ちを忘れず、頂点を目指して邁進していきたいと思います。

木村忠史

営業部課長 木村忠史

仕事を通じて人を豊かに。
「三方よし」を目指す。

長年、現場管理を担当してきましたが、難工事ほど完成した時には大きな喜びを感じます。工事に怪我はつきものですが、無事故で安全を確保することが「三方よしー客よし、店よし、世間よし」の原点だと思います。今後は後進の育成に力を入れ、技術力の確かな継承を目指します。

斎藤修

総務部課長 斎藤修

地域との交流を大切に。
信頼関係が鍵。

社外と社内、社員をつなぐパイプ役として活動しています。地域の行事へ参加したり、地元の異業種の方々と交流したりと、地道ですが、日頃から信頼を得られるような努力を重ねてきました。一番嬉しかったことは、自分と自分の子供が卒園した幼稚園の建て替え事業に関わることができたこと。先生方も信頼を寄せてくれ、大変思い出深い工事となりました。

実績

  • 秋田県立大館桂桜高等学校

  • けまない福祉コミュニティエリア

  • JAあきた北農産物加工センター

  • 大潟村干拓博物館

  • 秋田看護福祉大学

  • 葛原バイパス道路改良工事

  • ハケノ下地下道路改良

会社概要

社名
株式会社 伊藤羽州建設
代表取締役
石山 清武
主たる事業内容
  1. 建築工事一式
  2. 土木・道路工事、宅地造成、下水道工事、舗装工事
  3. 湾岸・護岸工事、防波堤工事、海岸侵食対策
  4. 下水道管路メンテナンス、下水道管渠等の更生工事(SGICP工法、3Sセグメント工法)
  5. 産業廃棄物収集運搬業
創立年月日
昭和3年3月1日
設立年月日
昭和19年5月27日
資本金
9,800万円
建設業許可
秋田県知事 特24-第20143号
一級建築士事務所
秋田県知事登録 第12-10A-0737号
事業所
  • 大館
    〒017-0888
    秋田県大館市字水門前75番地4
    TEL 0186-42-1111
    FAX 0186-42-5573
  • 秋田
    〒011-0945
    秋田県秋田市土崎港西3丁目14-3
    TEL 018-846-5045
    FAX 018-846-7637
主な受注先
東北地方整備局、秋田県、大館市、秋田市、民間
POINT
下水道管路更生

下水道管路更生

優れた技術と工法で課題解決

生活基盤施設において最も重要な下水道。時間の経過とともに損傷や老朽化が進むため、管路の更生は不可避の課題となっています。
伊藤羽州建設では、既存の管路を残し、非開削で現場硬化管を作る工法を採用しています。水密性や耐久性の優れ、工期の短縮、工事費や騒音・振動の削減を実現しています。